とりあえず始めてみます老いじたく

ねんきん定期便をきっかけに老活してみることに

思うこと

yahooの記事で思うこと

先日のyahooのニュースサイトに掲載されていました。 headlines.yahoo.co.jp 介護付き有料老人ホームに入居中のお年寄りが亡くなって、十日あまり気づかれずにいた、と言うもの。 この一件の具体的な事情は一切知らないので、記事で読む限りでの感想になりま…

連休中に食したもの

今年の連休、前半は家の模様替えをしたりと、なかなかに有意義に始めたのでしたが、去年の暮れから調子の悪かった五十肩が、悪化してしまい、後半は引きこもって過ごすことに。相方のおじさんは、義姉一家の義姉還暦&退職祝いの旅行(親孝行な甥っ子たちが…

有給休暇って本当はまとめて取った方がいい

いよいよゴールデンウィークに入りました。 今年は初の10連休。 商売柄、さすがに全部お休みは無理ですが、前半の三日間はお休みがいただけます。それにしても、ニュースやネットを眺めていると、 10連休なんて関係ないアピールの記事や、10連休でこれ…

終のすみか

時々、看護師さんと『理想の終のすみか』の話をします。 こういう暮らしがいいよね〜みたいなものですね。 お互い、いずれはお一人様老後になる可能性が高いもの同士、わりに現実的な内容になりがち。そして私も含め、施設という選択肢は無い。 施設はね、良…

祭祀という問題

早いもので、義父が亡くなって一年が経とうとしております。 そしてやってきた一周忌。 命日は確か17日なのだけれど、例のお寺さんの都合で今日することに。申し訳ないけど、私はお仕事、ということにさせていただきました。義父を偲ぶことに、いささかの異…

ご出身は?

先日、事務さんから『提出書類に記載しないといけないので』と出身地を聞かれました。私の出身地ですか? ええとね、本籍は鹿児島ですけどね。 生まれたのは神奈川県だな。 そのあと親の仕事の関係で関東をあちこち移動してましたから、最終的に高校は茨城県…

軽自動車で乗り付けるすっぴんの中年女

諸般の事情により、期間限定で我が家に車が一台増えてます。 寒波が日本列島を覆い、各地で警報が出ていた年末のある朝。 鹿児島も朝から雨でした。 おまけに寒い。 バイト先の病院に行くのに、冬のそぼ降る雨の中、うす暗い道を歩くのはやっぱり辛いもの。 …

故郷は遠きにありて思うもの

”故郷は遠きにありて思うもの そして悲しくうたふもの よしや うらぶれて異土の乞食となるとても 帰るところにあるまじや”確か、高校の国語の教科書に載ってましたっけ。 室生犀星の有名な詩ですね。 最後の行をふざけて”帰るところにアルマジロ”って覚えて…

働き方改革、して欲しいのはどこの業界も一緒だと思うけど

先日は、バイト先の忘年会でした。 ちなみにお店の名前は半魚人。www.google.com 鹿児島中央駅からほど近い、一番街の中にあります。鹿児島は港も近いし、割と新鮮な魚介類がスーパーでも手に入るし、普通のお店でもお魚料理は美味しいのですが、その中でも…

老母の終の住処

先週末、母親の様子を見に関東へ行って参りました。 八十を目前にして、幸いまだ元気な母でございます。 見てたら、シール包装された剥がしにくい端っこのぴらぴらしたとこも、ちゃんと摘んで剥がしてたし。 小銭もお財布からつまみ出せます。 こういう指先…

PPKよりPPnK

いつぞや一世を風靡したピコ太郎ネタではありません。 よく巷で言われる”ピンピンコロリ”、略してPPK。 『願わくば、PPKで逝きたいよね』とか『理想はPPKです』などというように使われてますね。でもね、いわゆる終末期、に関わっていると、このPPKってのも…

エナジードリンクは、絶対、やめたほうが良いという話

今週もお当番&日勤の週末。 診療に出る前に、うっかりスマホを医局に置き忘れてしまいました。気が付いたのは、一軒目のお宅を辞した後のタクシーの中。 急な熱発で診察に行ったそこでは、感染症と脱水のため点滴をすることになりました。 100歳越えの患者…

生産性ってなんだろう

急にお休みになった先週の金曜日。 子虫と映画に行ったり、ベトナム料理食べたりと楽しく過ごしたのですが、後で聞いたら、またもやDr.面倒くさ男がやらかしてくれて、大変だったらしい。 なんでも息子さんがスポーツ大会で勝ったので、応援に行くためとかな…

医大の合格者操作について

この問題については、あちこちで取りざたされているし、私ごときが意見を言うこともないのだけれど、さすがにこの人の意見には思うことがあったので。www.msn.com 私はこのタレントさんを、名前と少しのコメントでしか知りません。 医師という肩書きだけど、…

ジェンダーとは関係ないこと

仕事の終わり、帰宅前に明日の予定を確認します。 翌日の相棒となる看護師さんと、診察予定の患者さんのリストの確認です。 相棒の看護師さんは、毎日変わります。 名前のところを見て、ちょっとがっかり。 実は、私はその看護師さんが苦手だったりする。 今…

業界用語に翻弄されるおじさん

舅が亡くなり、それなりに銀行やら引き落としのの名義変更とか、相続関係で忙しいおじさん。最終的には司法書士にお任せするとしても、何をどうすればいいのかもわからないので、右往左往しております。 この前も、銀行に勤めている友達に電話して、あれこれ…

専門職って

義父が亡くなり、忌引き中の相方おじさん。 お葬式も済んだし、少しはゆっくりすればいいのに、朝から忙しい。 名義変更とか、なんとか。 手続きが山ほどあるらしい。義父は、退職してもう30年は経っていて、ずっと年金暮らしだったから、これと言った遺産も…

老活するならやっぱりお仕事のことも書こうかなと思うに至りました。

振り返ってみると、五月に始めたこのブログ。 そもそもの始まりは、貰えそうな年金の額があまりにも低いのに愕然として、少しは老後に備えなきゃ、と思ったのがきっかけでした。その後、いろいろ新聞やらネットやら本やら情報を仕入れて、とにかく働き続けさ…

姉と弟

子虫たちが保育園児だった頃のこと。 お迎えに行くと、上は『わーい、お迎え〜♪』 と走り出て、とっとと靴を履くと飛び出して行ったものです。 そして、その後を『お、おねえぢゃん、、、荷物は、、、、?』と 姉と自分の荷物を必死で引きずりながら追う下の…

12月に断捨離したもの

ほんとストーブ、大好きだね(^人^)。 突然思いついて、ファンデーションを断捨離しました。そもそも、メイク用品って、ほんと種類が多い。 そして、減らない。 しかもね、お店で買うと目的の物以外にもいつのまにか、なぜか買わされてたりして。 普段はネッ…

私はこれで「電気」をやめました「東電フリー」な電気代0円生活〜を読んで

ネットの記事は色々な新聞社からの記事が載っているので、購読していなくても記事が読めるところがいいと思う。 www.msn.com電気を使わない生活? 本当にできるんでしょうか。 だいたい、今だってパソコン使ってるし。 相方のおじさんはアマゾンプライムで映…

教育の無償化は誰のため?〜という記事を読んで

ネットを眺めていたら、こんな記事がありました。https://www.msn.com/ja-jp/news/national/教育無償化誰のため?-財政圧迫-低所得層恩恵薄く/ar-AAu8Lxp#page=2www.msn.com だいたい、新しい政策が出るとそれにダメ出しする記事が出るのは、お約束なんだな…

今からできる!空き巣対策

朝テレビを見ていたら、こんな特番が組まれていました。 www.nhk.or.jp共働きの我が家、留守がちですからね、空き巣対策は大事です。この道何十年という専門家の方が、解説していました。 空き巣に入られた被害者の家だけでなく、実際に空き巣を生業にしてい…

無い物ねだりの

小さい頃から癖っ毛で、細い上に髪の量が少なく、アジアンビューティーの代表名詞的な「緑の黒髪」とは縁遠い髪質。若い頃は大枚をはたいて、癖毛を矯正するためのアイロン工程に4時間くらいかかるストレートパーマを、定期的にかけに行ったりもしていまし…

防災頭巾と防災の日

小学校は東京の下町でした。毎年九月始めには、防災訓練がありました。 関東大震災の教訓ですね。私の通った小学校のあった町は、下町で住居が建て込んでいたにもかかわらず、奇跡的に焼け残ったと言われていました。当時の駐在さんが、地震の直後に町中を回…

地元で就職した子供が勝ち組という話

あれは多分、お盆休みの話をしてた時のこと。 三十代男性職員さん。 若いけど、勤続年数は長くて仕事では上司も頼りにする大ベテラン。 子供は小学生を頭に三人の男の子。 別の職場ですが、奥さんも働いている共働き世帯です。おしゃれにヒゲを生やしてて、…

男も女もみんなフェミニストでなきゃ〜を読んで

この本の著者は1977年生まれ。 ナイジェリアで生まれ、アメリカで教育を受けています。 こんな人でさえ、母国ナイジェリアは仕方がないとしても、アメリカでも女性が差別される場面や、女性が事前に男性を優先する行動を取るという場面に出くわしては、…

続・フェミニズムという呪い 女性だって男性差別をしていませんか?

もう終わってしまいましたが、5月ごろやっていた「みをつくし料理帖」というドラマ。 NHKで夕方6時からやっているドラマシリーズの一つです。www.nhk-ondemand.jp主役の黒木華のファンなので、録画して見てました。 健気で可愛らしい主人公が、彼女自身の…

フェミニズムという呪い

その昔、父方の遠縁の女性で、結婚せずに実家で暮らしていた人がいまして。 今で言う、パラサイトとかニートってやつですか。年始の挨拶に行くと、母たちと同世代なのに妙に若作りのファッションで、叔母さんと呼ぶと、「お姉さんと、呼んで」と、強要された…

5連休の後に、3日仕事して思ったこと

5連休という、日本の平均的職業人としては破格の長期休みを過ごした後の休み明け、予想では休みにも飽きて、別のことがしたい気持ちでいっぱいで、仕事ができることが嬉しい、まではいかなくても、新鮮な気持ちで、またお仕事ができる、はず。 でした。現実…